2010年2月アーカイブ

クーラント漏れ箇所判明

| コメント(4)
rrb さんのアドバイスの通り、運転席の足元を確認しました

P1040327.jpg

やはり、アドバイス的中、クーラント漏れはこの上から。

いよいよ、5年目

| コメント(2)
思い起こせば4年前の今日、レンジを連れて帰るため、子供達と電車を乗り継ぎ大都会へ、その後8時間、レンジに揺られながら、帰宅致しました

4年の歳月を超え、ようやく5年目、レンジも14歳に、後もう1度くらいは、車検を通したいなー。

ヒーターコアOリング

| コメント(4)
さて、ヒーターコアマトリックスOリング劣化によると思われる、クーラント漏れ

私なりに考察して見たのですが、走行中に運転席等に雫等は無く、雫を発見するのは、決まって、走行後、次の日の朝など寒い時に、目立ちます。

クーラントの減少に気づいたのも、氷点下が続いてから、ヒーターコアOリング劣化による漏れ、そう、寒くなり、Oリングのゴムが硬化しクーラントがリークすると、推測すると、合点が行きます。

走行中は、当然、クーラントの温度が上がり、Oリングのゴムが軟化し、シール効果が改善し、クーラントは漏れ無い、エンジン停止、クーラント温度が下がり、Oリングのゴムが固くなり、隙間からクーラントが漏れて来ている。

そうです、エアーサスペンションのOリング劣化による、エアーリーク、車高が下がる現象と、同じ。

と、すると、暖かく成り、Oリングのゴムが柔らかくなれば、クーラントの漏れも無くなるのでは無いでしょうか?

そうすると、急いで交換しなくとも良い?、次の冬までは持ちそう?

まあ、消耗したOリング交換しなければ無いのでしょうが、あまり急がなくても良いかも?

なんて、考えております。

ブラザー

| コメント(0)
昨年12月半ばより、近くの修理工場に、置いてあるレンジ

まもなく2ヶ月経ちます、聞けば、フェールポンプの不良で、部品注文中との事

車高も、バンプストップまで下がっています、何時になったら、おうちに帰れるのかなー?。

P1040279-.jpg

クーラントの雫

| コメント(2)
補修しないと。

ヒーターコアOリング交換か、はたまたカンフル剤か?

P1040278-.jpg

ツララ

| コメント(6)
今日も朝から吹雪模様、やんだのを見計らい雪かきに、ふと、レンジの運転席側フロントにツララが。

P1040231.jpg


ゆき〜

| コメント(0)
今朝の積雪は20センチぐらい

DSC_00221.jpg


バッテリー充電

| コメント(0)
まだまだ、氷点下が続く毎日、エンジン始動時、スターターモータが弱々しく、寒いからなーと、思っておりましたが

先日、往復500キロ、約6時間の走行にて、バッテリーの充電がされた様で

その後、氷点下にも関わらず、勢い良く、スターターモーターが回転します

連日、通勤のみの、走行で、充電不足の、バッテリーが充電されたようです

これで、この冬は、乗り越られるかなー。

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3