2008年7月アーカイブ

テンショナー交換

| コメント(0) | トラックバック(1)
前回、見送った、オートテンショナー本体交換しました。

P1000605.jpg

新しい部品は、何時見ても良いですね

続き オートテンショナー交換

eco検定

| コメント(0)
7月20日、東京商工会議所、主催の、環境社会検定試験を受験しました

3連休の中日、キャンプを抜け出し受験、翌日、インターネットで模範回答が
出ており、自己採点、合格ラインの70点は超えた模様、やれやれ。

最近良く、思うのは、このまま、修理をしながら、長くレンジに乗り続けるのと
新しく、エコカーに乗り換えるのとはどちらが、エコロジーなのかと

リデュース、リユース、リサイクル、プリウス?


海の日キャンプ

| コメント(2)
7月の3連休、家族を連れて、海辺で2泊のキャンプに

レンジの調子も良く、エアコンもギンギン、内心ハラハラ(レンジのご機嫌がいつ?)

P1000556.jpg

続き 海の日キャンプ

オートテンショナープーリー交換

| コメント(0)
前回注文したパーツの中にファンベルトオートテンショナーが有りました
この部品も、プーリー内部のベアリングが消耗固着して破損する事が有ると
伺い、注文、自分で交換出来そうと思い、本日交換を実施致しました。
P1000475.jpg
古いプーリーは、ベアリングは正常に回転するのですが内部のグリスが切れ、カラカラ音がしていました。

リンク詳細ページ ファンベルトオートテンショナー、プーリー交換

オイルホース、ファンカップリング

| コメント(4)
届いた部品を、早速、交換して頂きました

自分でも交換出来るかなとも、考えましたが、餅屋(自動車修理工場)に頼みました

オイルクーラーへ接続されているパイプよりオイルにじみ、漏れ、の為交換

ファンカップリングは、効きが弱そうでしたので、真夏に向け交換

ビスカスファンカップリングは中にシリコンオイルが封入されており、冷えている時は
ファンと、駆動部の接合が緩く、温度が高く成ると、結合が強く成りファンの効きを増す
様に出来ているそうです、消耗し、高温時も結合が弱いと、オーバーヒート
オルタネーターが熱でパンクすると、聞きました、安心のため交換です。

リンク_リペア続きページを読む

P1000453.jpg



P1000466.jpg

無事真夏を乗り切って欲しい物です。

Parts到着

| コメント(2)
Salt Lake City よりパーツ入荷しました。

P1000431.jpg
  Cubby Box、ダンパー BTR6776
P1000432.jpg
ファンベルト、オートテンショナー ERR6439
P1000434.jpg
オイルクーラー、ホース ESR4415  ESR2697
P1000435.jpg
ワイパー、取付ボルトカバー AMR3915
P1000436.jpg
ドアー内装クリップ MWC9134
P1000437.jpg
ビスカスファンカップリング前、アフターマーケット製 ERR4996A
P1000438.jpg
ファンビスカスカップリング後ろ
P1000439.jpg
サーモスタット、Allnakes4X4製でした PEM101130W
P1000440.jpg

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3