エアサスの最近のブログ記事

バルブ

| コメント(0)
セカンドレンジのナイスなポイントのエアーサスペンション、それをコントロールする機能部品のバルブブロック、製造後十数年を経過するレンジ、内部のOリング等のゴムが劣化し気密が悪くなり様々なエアサス、トラブルに発展します

このOリングは広く流通しており、個人でもある程度のオーバーホールができます
しかし、この中に、エアサスのエアーを制御するバルブのピストン先端に付いているゴム製の部品の流通が有りません

DSC_0178.jpg

バルブピストンの先端のゴム、このゴムで車体重量を支えています、当然変形、硬化しエアーリークします一晩置いたら車高が下がるのです

フォルトリセットツール

| コメント(0)

フォルト診断、リセットツールを発見

レンジのOBD2コネクターに接続し、本体の表示画面を操作し、診断、リセットが出来るツール、エアサス以外のフォルトも確認できるそうです、キプロスのメーカーの製品

価格は EUR 298.02 、使えそうです

tool1.jpg

フロントエアサスリーク

| コメント(2)
冬も寒さも無くなり、梅雨には暑い季節

一晩放置すると、決まって車高が下がっています

フロントエアースプリングエアーライン接続部よりエアーリーク



エアサス接続部よりのリーク、画像はハッキリしてませんが、エアーの漏れが確認できます

エアーチューブの交換を実施しました 続きを読む: Front Air Line 交換

エアサス-リペア

| コメント(2)
エアサスのリペアを実施 125,497km

冬場に弱いレンジのエアーサスペンション、やはり寒くなり翌朝車高がハイウェイモード
付近まで下がっている事が在り、昨年未実施のフロントエアースプリング、コレット部の
エアーパイプの先端カット、オペレーションを行いました

オペ自体は至って簡単、前の晩エアサスをエントリーモードまで下げて置き
ボンネットを開け、エアサス上部のエアーパイプを外し、先端、約8ミリ程をカッターで
カットし、切り口をサンドペーパーで軽く整え、コレットにしっかりさし込むだけです

昨年、リヤー側実施時は、ジャッキアツプし、うま、を掛けての作業でしたのでフロントは
簡単ですね

最初、運転席側、パイプを外す時、パイプをこじると。軽くエアーが漏れて来ました
助手席側は、パイプを外すまでエアーが出ませんでしたので、運転席側の接続部が
甘く成り、夜、エアー漏れが発生し、車高が落ちていた物と、推測されます

これで、車高が維持出来ていれば、オペレーション成功と、言う事ですね
古い車ですから、安心は出来ませんが、ね!

エアサスドライヤー

| コメント(2)

Air Suspension Dryer Part No NTC9812

エアーサスペンション、ドライヤー&エアーパイプ交換

エアサス関連はいろいろ手を掛けて来ましたが、ドライヤーは未交換

黒い、円筒形樹脂の中には、シリカゲル?状の乾燥剤が詰まっており、エアサスポンプで、圧縮したエアーを供給、使用しておりますが、大気中の湿気も吸入しており、タンク、バルブブロックに混入します、気温が高ければ、さほど影響は無いでしょうが、冬、外気温が氷点下に成ると、水分が氷結、バルブブロック Or パイプ、内で凍り付けば、制御不能、大変な事になります。

そこで、エアサスポンプの後に、ドライヤーが、圧縮空気の湿気を吸い取る役割をしています

ドライヤーの吸湿した湿気はタイミングは不明ですが、エアサス内の乾燥したエアーを、排気する時に、エアードライヤーを再度、通過させ、ドライヤー内を乾燥させ、排気フィルターより排出します

当然、年数を経過すると、能力も落ちて来ると、思われます、で、新しめの中古品を入手交換しました。

P1010149.jpg
今回交換するパーツ
P1010150.jpg
上部に05の表記が 2005年製?
P1010152.jpg
交換した物には95の表記、95年製造、今まで交換無し
P1010155.jpg

交換、パイプを取付け、完了

当然交換しても体感出来る物では無いですが、安心して?、冬を乗り越えれるでしょうか?

パーツ上部に
LAND ROVER PART No NTC 9812
DUNLOP PART No E310000027
DESIGN TEMP -40 TO 120C
DESIGN PRESSURE 15 BAR
と表記されています、興味深いですね。

EASリセットツールソフト

| コメント(2)
前回書き込みしたEASリセットツールに

英国在中のレンジ乗り、レンジローバーブログさん に、ソフトの詳細な日本語訳をつけて頂きました。

英語表記だと尻込みしそうですが、日本語の説明が付くと、レンジとの接続ケーブルが、有れば、何とか自分で出来そうですね。

中古で安く?、購入したレンジですが、整備費用、特に故障の多いエアサス関係の診断、調整、フォルト確認、リセットが、自宅駐車場で、出来る様に成りますね

フォルトが掛かり、隣の県のDまで、シャコタンでフォルト解除に行った事が、二度程、有りましたから、Dが遠い&お金がない、サンデーメカニックとしては有益なソフトですね。

EASリセットツール

| コメント(2)
前回紹介したリセットツールのウインドウズPC用のフリーソフトが良さそうだと、レンジローバーブログさんに教えて頂きました。

以前のバージョンで試した事が在ったのですが、エラーになり、あきらめてましたが、再度チャレンジ、でも同じエラーが、で、以前コメントを頂いた t-kiku さんのアドバイス通り、ウインドウズ .net プログラムをインストールしたら、さくっと、動作しました、皆さん有難うございます。

レンジとの通信用ケーブルが無いので試せませんが、NET で購入すれば、EAS トラブルもも怖く無い?


EAS_Calibrate.JPG


Win_EASfaults.JPG

EAS_Main.JPG

リセットツール

| コメント(8)
最近話題?、になっておりました Range Rover EAS Reset Buddy を発見しました

$154.95 これが有ればEASトラブル時のリセットが出来るのでしょうかね。

EAS Buddy Box - Demonstration

完治?

| コメント(2)
あーあ、冬期になってから悩んでいた、後ろエアースプリングのエアーが抜けて車高が下がる現象、一応治った様です。

てっきり、バルブブロックの不良と、疑って、部品を注文したのですが、犯人はバルブ、ブロックでは無かった様です、それなりに消耗はしているのでしょうが、疑ってごめんなさいね。

DSC_0233.jpg

DSC_0235.jpg

EAS Drive Box

| コメント(4)
暇に任せて以前交換した、ドライブボックスの樹脂を剥がして見ました。

中にはバルブソレノイド駆動用の6つのパワートランジスタが並んでおりました。

はて、バルブソレノイドは7つですから、もう1個の駆動はドライブボックスでは無いと言う事ですね。

DSC_0124.JPG



おすわり

| コメント(2)
DSC_0046.jpg

EAS Valve Block

前回バルブの修復を試みた後再度取り外し、全バルブのゴムの部分を清掃し組み付けました、その後エンジン停止後数十分で後ろだけ車高が下がる様に成りました
前は漏れていないんですが、やはり部品の交換が必要の様です、ブロックユニットでの交換をあきらめ、バルブの部品を注文しました。

まだまだ、つづく、EAS Repair

STC2761G    EAS VALVE BLOCK SOLENOID (new) 2    $85.00    $170.00
RVH100030-K    Valve Block Rebuild Oring Kit 1    $22.00    $22.00
NTC9812-dess    Air Dryer Dessicant 1    $20.00    $20.00
STC2761G(U)    EAS VALVE BLOCK SOLENOID (USED) 4    $20.00    $80.00
ANR3902    EAS Pressure switch, 4.0/4.6 RR 1    $119.95    $119.95
 
Sub Total:    $411.95
Tax:    $0.00
Shipping:    $3.00
Grand Total:    $414.95

バルブブロック

| コメント(0)
Ripea に、バルブブロック、エアーソレノイド分解修正の、記事をアップしました。

リンク_バルブブロック

EAS Valve Block

| コメント(0)
Ripea のページに EAS Valve Block をアップ致しました。

リンク_EAS Valve Block

バルブブロック

| コメント(4)

冬、寒くなり、朝起きると、車高が下がっている、予想では、前年自分でオーバーホールした
バルブブロックかなと、予想し、外し、点検、各ソレノイドバルブ、Oリング部を点検実施
交換後、1年を経過後、多少つぶれている所も有るが、特別異常はなく、分解組み付け
車に、取付、翌朝確認したが、同じく車高が下がっている状況
全体的に車高が下がっているのだが、左側は、バンプストップ辺りまで下がり、右側は、エントリー
モード、多少傾いている、レンジは一部の車高が下がると、他の車高も揃えて下がるが、エントリーモード
付近まで下げる模様で、それよりは自動で下げない、左側がエントリーモードより下がっていると
言う状況より、バルブブロックを除く左側、エアースプリングとエアーラインの接続部よりのエアーリークと
推測されます、さて、どこかなー。

DSC_0041.jpg

DSC_0040.jpg

エアサス

| コメント(2)
さて、外気温が氷点下に成る季節、朝起きてレンジに乗り込む時、見事に車高が下がっています
寒く成りエアーラインのどこかのゴムパッキンが、固く成り、そこからエアーがもれて来ているのでしょう。
前にも書いた事が在りますが、レンジのエアサスは、エンジンを止めキーを抜いた後も
常に車高を監視している様で、どこかのスプリングのエアーがもれ車高が下がると
他の、スプリングのエアーを抜き、車高をそろえてくれる様で、全部の車高が
同じ様に下がっています、エアーが抜けた所だけ下がっていると、エアー漏れの
箇所の判断がつきやすいのですが、抜けた所だけ車高が下がり傾く事は、
レンジローバーのプライドがそれを許さないと言う事の様ですね。
今まで、幾度と無く、泣かされ、考えられる所をリペアしているのですが

さて、どうしましょう

DSC_0039.jpg

EASリセットツール

| コメント(2)
PADでEASのトラブルリセットが出来ると言うツール、すごいかも?
 

110,778Km EAS FAULT リセット

| コメント(0)
EAS ドライブユニット、交換した物の、ファルト解除せず、リセットするべく
サービスセンターへ電話、当地区は、テストブック故障、前回4日に行った
ディーラーは、サービスマンが16日まで休み、では違う県のセンターは
解除可能との事、予約をして、家族4人、バンプストップまで下がった
しゃこたんレンジに乗り込み出発、念のためトラベルミンを飲んで、150キロの
ドライブへ、最初は、上下する車に喜んでいた物のやはり長距離は大変でした
助手席の妻は、終止、バスに乗ってる、見たいと、平然としていましたが、私は
少し、腰に来たかな、ようやく到着、リセットをして頂く事と成りました。

午後5時に到着、テストブックでのリセット作業にて、終了と成る予定でしたが
リセットしても、EASポンプモーター動作せず、診断の結果、モーター高温にて
動作しない状況、1時間半程作業頂き、復帰せず、テスト用のEASポンプを装着し
正常復帰したとの事です。

取合えずEASポンプモーターを貸し出し頂けるとの事、リセット、診断料金を支払い
150キロの帰途につきました、途中エラーが出たらどうしようと、心配した物の
無事、快適なドライブを終了しました。

EASポンプモーターですが、此れまで、私的に、ポンプユニットの交換
モーターブラシ部の修正等で正常動作する物と、信じていたため、リセットで
直らなかった事は大変ショックでした。

リセット時、エラーが掛かっていた物の、モーター部が加熱しておりましたが
まだ、手で触れる状態でしたが、テストブックでは高温との表示
1時間程冷ましても、高温、テスト用の、EASポンプを取り付けた所
正常に復帰したとの事です。

今回初めて訪問したサービスセンターで、ポンプ交換したら返却してくださいと
ありがたく、ご好意に甘え、帰宅しました、大変有難うございました。

自分で修理した、ポンプモーターは、大変未練が、有りましたが
この状況の為、EASポンプを手配しなければ成りません、又、大きな出費と成ります

さて、ロバコネは 510$ この辺でしょうかね、ドライブユニットに続き大きな出費ですが
エアサスにも大変魅力が有りますので、しょうがないでしょうか?

Ps. 帰宅後の、EASポンプユニットは、触れない程高温でした、此れって何?

EAS ドライブユニット交換

| コメント(0)
待望のEASドライブユニットが到着、早速交換作業を実施致しました
ついでに、前回部品が無くて交換していなかった、バルブブロックの
消耗部品も交換を実施、交換後、エンジン始動で
40秒程EASポンプが作動した物の、EAS FAULT のまま
やはり、テストブックでの解除しない事には、直らない模様。

リンク ドライブユニット交換

ノーサス

| コメント(2)
会社からの帰宅時、エアサスのトラブルで、バンプストップまで車高が下がり
ノーサス状態を体験致しました
小さなギャップでも体が激しく上下し、短距離でも大変でした。
レンジローバーならでは、(他のコイルサスの車では考えられない)ですが
手痛い洗礼と、なりました、早く直って欲しい物です。

Drive Box

| コメント(0)
今朝、ロバコネにパーツを発注し、帰宅後 Invoice が届いておりました

ANR3900   Drive Box 350.00
RVH100030K1 Repair Kit, Valve Block 90.00
STC2759 Air Filter, EAS 12.00
BTR8037 Pollen Filter, LR 25.00
RQM100020 EAS Tubing Harness 125.00

現在車高は、バンプストップまで下がり、パーツ到着まで約、12日、休眠です。
今回、BBS で貴重な情報を頂戴致しました、有難うございます

これで、駄目なら、ばね でも探しましょうか。

110,715Kmエアサス直らず

| コメント(0)
本日180キロ離れた隣の県のディーラー工場へ持ち込み、コンピューターリセット実施
その後、エアサスポンプが始動、しばらくして、無事ノーマルモードに車高が上がりました
前回近くの修理工場で、フロント左右ハイトセンサーを、変えたおり
エアサスの較正をしていなかった為、較正作業して頂きました
エラーとしては、エアサプライの不具合と、F-Rハイトセンサ信号が不適正との事
作業終了し、やったー直ったーと喜び、やっぱりエアサス最高と帰宅の途に着きましたが!
途中60キロ程走行中、突然エラー音ともにEAS FAULT SLOW 55KPH
あまりに、突然の事頭の中が真っ白に成ってしまいました
ディーラー工場へ電話すると、センサをもう一度変えて様子を見ないとの事、或いは、ドライブボックス
も考えられるそうです
車高は又、又、エントリーモードに下がったまま
振り出しに戻ってしまいました。

帰宅時、燃費最高と思ったつかの間、エラー再発です。

P9043951.jpg


P9043953.jpg

FAULT リセット

| コメント(0)
土曜日、認定サービス工場に、再度リセット出来るか問い合わせたら、出来るとの事
日曜日朝、開店直後に入庫、テストブックを繋いで頂きましたが、メカニック2名で
なんだか、かんだか、やっており、どうですかと聞くと、テストブックDより借りたのだが
ケーブルも不良が有り、リセット出来ないとの事、コーヒーと、お菓子を頂き
サービスセンターを後にしました。

帰宅後、隣の県のランドローバー、ディーラー修理工場に、4日、予約を取りました。

EASポンプモーター

| コメント(2)
前日の EAS FAULT の原因ですが、今日帰宅後、ポンプモーターを取り外し分解しました

リンク EASポンプRipea

EASポンプブッシュ

| コメント(0)

EASポンプブッシュが破損してしましました。

リンク Ripea_EASポンプブッシュ

ハイトセンサー

| コメント(0)
交換したハイトセンサーを分解して見ました、内部は想像どうり、単なるボリュームでした

オーディオ等のボリュームと同じ構造で、高さにより内部の抵抗値が変化しそれを検出し車高を監視している物です、当然走行時、ノーマルモードで、上下に動き、その都度ボリュームの位置が変化する物で、ブラシ、抵抗器の消耗にて正常に検知、できなく成るる物の様です、10年を経過しており、当然消耗し、エラーに至のでしょうが、1個2万5千円と、大変高価なボリュームです。

尚、交換した物は、形状、センサーのカバー等が変わっていました、98年以降この形状に変わった模様です。

P2283447.jpg

P6033655.jpg

P6033661.jpg

P6033664.jpg

104,060Km バルブブロック

| コメント(0)

さて、今年11年目のレンジローバー、毎、週末毎に、呆れるほど、修理してます、続いては、バルブブロック、最後まで先延ばしにしていましたが、寒くなり、毎朝車高が下がっています、エアサス、ポンプは補修済み、エアー漏れ無し、残るは、バルブブロック、ポンプの部品と一緒に取り寄せておいた、Oリングキットの交換を決行、全、スプリング、エアータンクの高圧パイプの取り外し等、面倒がっていたのですが、意を決しました、バルブブロック単品価格、20万円とは、たまげます、Oリングキットは数千円自分でやらない手は、ありませんね。
リンク 104060km_バルブブロックオーバーホール


P2183399.jpg

103,000Km エアサスエラー

| コメント(0)

エアースプリング交換後より、停車時フロント側,高さが小刻みに上下し、エアーポンプが動作する不具合が発生,エアサス交換したのでセンサーが調整しているのかな、そのうち落ち着くかなと、しばらく乗っていたと所,エアサスの警告灯が表示し、動作不能に陥りました、エンジンの再始動にて復帰しましたが、何度か出る為車高センサーの調整が必要なのかと思い、サービスセンターへ持ち込みました、メカニック曰く、エアサス交換したらコンピューターにてエアサスの校正を、しないといけない,との事で、再校正をして貰いました,作業は、コンピューターを繋いで、センサーレベルの確認、サスペンションに大、小2つのスペーサーを入れ替え高さの設定作業、その他、エラー履歴の確認、現在は正常だが、フロント側左、車高センサーにエラーが発生していたとの事、駄目なら交換との事、料金を払いサービスセンターを出たところで、運良く?エアサスの警告灯が点灯バックして、又出たと言うと、両側、交換した方がいいですね、との事、部品代片側2万円位、やっぱりとも思いましたが、とりあえず帰りました。

102,800Km エアサスポンプ

| コメント(0)

夕方、エアサスのエアーポンプユニットを取り外し、ポンプ内部のピストン、シリンダーの交換を実施分解してみると、案の定、ピストンのテフロンリングが、磨耗しており、限界状態、交換中モーターと、ピストンの取り付けているヘキサレンチが合わない(インチサイズ?)ホームセンターに買いに走り、何とか交換出来ました、ピストンとシリンダーを組み付けるのに難儀しました。まあ、やぅた甲斐は在ったと思います、後 5年は大丈夫でしょうか。

PC033247.jpg PC033233.jpg
PC033234.jpg PC033250.jpg   
PC033253.jpg
      

102,452Km エアサス

| コメント(0)

今年最大?のイベント、エアーサスペンション交換。

スタッドレスタイヤへ交換実施、ついでにエアースプリング3本交換実施しました。
リンク 102452km_エアーサスペンション交換

PB263207.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエアサスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはエアコンです。

次のカテゴリはエンジン始動せずです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3