ブレーキペダル異常音

| コメント(0)

最近、フットブレーキを踏む時に異常音を発するようになりました。

ブレーキの効きには、関係ありませんが、なんとも、貧乏くさい音です

ハンドル下のカバーを外し、フットブレーキ動作部分にオイルスプレーをしましたが、なかなかヒットせず

諦めて何度かブレーキを踏みなおしたら、音が止まりました、試運転すると、音もなく、ペダルもスムーズになった感じ ^_^

オートクルーズ 修理

| コメント(0)

先週の土曜日に青森までのドライブ、オートクルーズの恩恵をあやかろうとスイッチを入れましたが動作せず

症状的には走行時ハンドルのセットボタンを押しても無反応、リセットボタンを押すとカチッとリレーの音がするだけ

途中でおきまりのオートクルーズベローズブの接続パイプ部の割れを発見し切り取りましたが、以前動作しません

帰宅後、ホース部を確認すると、接続部以外にもホースの割れを発見、これじゃもうダメと代替え案を思索

エアサスの補修に使った6ミリのポリエチレンチューブが有ったのを思い出し、これでいいやと交換しました

IMG_0958.jpg

ポジションランプ交換

| コメント(0)

土曜日のドライブで片側切れたランプを交換しました。

mt-20160411222327.jpg

走行途中でエンジンが止まる症状

簡易テスターでダイアグコード P0335 クランクシャフトポジションセンサーの履歴を確認して頂き

早速交換へ

IMG_8742.jpg予備で保管していた クランクシャフトポジションセンサーは、これ。

オルタネーター プチオーバーホール

| コメント(0)

チャージ ランプが点灯しエンジンが停止する症状

オルタネーターの不具合を予想し交換して見る事に

以前に予防交換し保存中のオルタネーターを引っ張り出し交換する事に

まあ、ただ交換するのもなんだから、分解してみる事に

IMG_8701.jpgのサムネイル画像

Front Air Line

| コメント(6)
フロント、エアサス、パイプ交換

材料はホームセンターで購入した6ミリのエアーチューブ

P1050377.jpg

ページリニューアル エアコン対策Kit

| コメント(13)
102,030Km エアコン対策 Kit 

ページの写真が小さかったのでリニューアル致しました

フロントブレーキOH

| コメント(6)

ヒーターコアOリング交換

| コメント(2)
135,353km 以前よりクーラント漏れを確認してりました、原因のヒーターマトリックス部、パイプのOリングの交換を行いました。

交換作業 詳細ページ

交換部品は、単価、数百円の2個のOリング、デイーラーに交換を依頼すると、ダッシュパネルを外しての交換と、工賃だけで、数万円、DIYで交換できれば、大儲け?、で、時間と、気候に恵まれたこの時期に、重い腰を上げ、交換作業を実施。

作業艇には2個のOリングを交換するだけ、それも、Oリングを、留めている、ネジ1本を外し、パイプ、気密の為のOリングを交換するだけ、しかし、その、1個のネジを外すのが、さあ大変、お仲間のお知恵を拝借、&、アチコチの文献、マニュアルを参照し、最低限の手順を、考えながら、開始

まずは、運転席側のアンダーカバーを外し、Oリング取り付けのパイプを確認
ダッシュボード、シフトレバー、エアコンコントロールパネル、ステレオユニット、ハザード、エアサスコントロールスイッチパネル、&、スピードメーターパネルを、取り外し、後部へ繋がる、エアコンダクトをずらした後、作業開始

プラスチックのカバー部にネジを外す為のドライバーを通す穴を開け、ロングドライバーを差し込み、アクセスを確認し、エンジンルーム、室内に繋がる、ゴムパイプをクランプした後、運転席側下に、取り外し後のクーラントを受け止める、ビニール袋を敷、Oリング取り付けフランジのビスを緩め、パイプをフランジより外し、消耗した、Oリング2個を交換、交換はほぼ、手探り状態、下部は比較的簡単でしたが上部は、手が届かず、ちと、苦労しました、パイプを、ヒーターコア部に接続、フランジ固定ネジを締め付け、取り外した、各部品を、取り付けし、エンジンを始動しました。

エンジン始動後、Oリング部は、完治、大丈夫だろうと、エンジンルームを覗き、その後、運転席側足元を覗くと、なんと、クーラントが吹き出してる

慌てて、ビニール袋を敷、再度、フランジ固定ネジを緩め、パイプ取り付けを再確認し、ネジを締め付け、ようやく、漏れは止まりました、しばらく、アイドリングの後、試験走行、漏れは止まった様です、取り外した各ユニットの動作確認を行いながら、20キロほど走行、確認しました

作業時間としては、ほぼ、1日仕事でしたが、作業工賃、数万円の仕事でしたので、完治すれば、大満足の作業です。

ドライブベルト交換

| コメント(1)
ドライブベルトの交換実施

P1030362.jpg
 旧ベルト表面には細かい、ひび割れが

Tailgate Cable

| コメント(4)
Part No : ALR537 Price : $44 Land Rover Genuine

P1020995.jpg
ケーブル取付部が、錆びて、ぼろぼろ、切断されています、取付ボルトは錆びていません、材質の選択が悪いのでしょう

STARTER MOTOR

| コメント(11)
スターターモーター交換

P1020679.jpg

クーラント温度センサー交換

| コメント(14)
低温時に温度センサーが正しく数値を出せず、始動不良発生

P1020677.jpg
ECU クーラント温度センサー LUCAS製OEM品

クーラント温度センサ

| コメント(50)

P1020635.jpg
クーラント温度センサ、低温時の数値は4.8MΩ(異常な数値)

ルーフリペア

| コメント(6)

DSC_0549.jpg
あーあ、レンジの宿命、天井の垂れ

アイドリング不調

| コメント(5)
123,966Km

アイドリング不調& AT4速ロックアップ時、時々後ろから押される様な、衝撃発生

ステッパーモーター清掃するも、症状変わらず、試運転後、駐車場で
ボンネットを開け、アイドリング状態のエンジンを観察

異常に振動し、滑らかにアイドリングしておらず、何やらバチッと言う音が

発生箇所を発見、何と、8番のハイテンションコード、イグニッションコイルパック部より

スパークが、飛び散っている!

P1010579.jpg

ピントが合ってませんが、8番コードのゴムブーツに、高圧リークが

メッセージセンターランプ交換

| コメント(7)
メーターパネル表示部ランプの交換

メーターカウルを外し、メーターパネル下側のコネクター2本を外し
メーターパネル四隅の固定ネジを外すと、簡単にメーターが外れます

P1010470.jpg

ステアリング交換

| コメント(8)
123,632Km 2001年製 ステアリングを入手交換実施

交換に際して、参考文献が無いか、探したのですが見つからず、手探り状態でした

まずは、ボンネットを開けバッテリーの、マイナス端子を外します
(エアバッグが誤動作したら大変)です

ステアリングの付け根、コラムカバーを下側の6本のネジを外し除去
メーターカウルは破損しているためすぐ外れました

P1010461.jpg

エアーバッグは写真四隅のネジでハンドル裏側よりトルクスネジで取付られておりますので
ハンドルを回しながら緩め、中央の赤いコネクターを外します

ウインカーレバー

| コメント(18)
ウインカーレバー配線が、断線しており修正を実施致しました。

思い起こせば、購入時より、ウインカーレバー、ベルのマークのスイッチ(設定速度に達した時のアラーム)設定用、スイッチが動作しませんでした、まあ別に支障は無かったのですが、見てしまった手前、修正する事に、ハンドル部より取外し分解、半田修正しました、修正後取付け、機能が復活致しました

P1010186.jpg

オイル交換

| コメント(402) | トラックバック(1)
エンジンオイル交換実施

車高はノーマルモードで実施しましたが、ハイモードで車高を上げれば更に作業性は良く成ります

P1000707.jpg
車体の下に潜りドレンプラグを外すと古いオイルが勢いよく排出

最近のコメント

アイテム

  • IMG_0959.jpg
  • IMG_0960.jpg
  • IMG_0962.jpg
  • IMG_0961.jpg
  • IMG_0956.jpg
  • IMG_0958.jpg
  • mt-20160411222327.jpg
  • mt-20160411210907.jpg
  • mt-20160411210841.jpg
  • mt-20160411210706.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3